裁判所において誰が代理するか?

多くの場合、地方裁判所、地方高等裁判所及び連邦裁判所において知手財産権が行使されるとき、弁護士が担当し、弁護士の仕事の大部分は特許弁理士がサポートします。これは、弁護士と特許弁理士による、いわゆる「二重代理」と呼ばれるもので、特に、難しい知財事件においては、通常であり、また、お勧めでもあります。一方は法的手続についての知見を有し、他方は特許法の実質的な理解と関連する技術の知見を有し、これらはすべて、産業財産権の侵害事件を成功裏に進行するために、常に、非常に重要です。私たちは、これまで、産業財産権の行使に関する多くの訴訟事件をアシストしてきました。また、そうすることによって、多くの弁護士たちと協働するこつを知りました。皆様の産業財産権を裁判所で行使する必要がある場合には、私たちの経験を皆様のお役に立てます。 また、皆様が競合他社の産業財産権を侵害するリスクがある場合にも、私たちの専門性をお役に立てることができます。そのような場合において、しばしば裁判所に提出される「プロテクティブ レター」を考慮すべきです。これによって、仮処分を回避することができます。

裁判所における産業財産権の行使

どの裁判所を選択すべきか?

産業財産権の侵害に対する法的手続を提起する前に、まず、どの裁判所に提訴すべきかを明確にすべきです。この点に関して、法的な問題と共に、戦略的な考慮が必要です。例えば、産業財産権の侵害事件を管轄する16のドイツの地方裁判所のうち、いくつかの裁判所は、特定の技術分野において格別の経験を有しており、あるいは、事件を格別に迅速かつ効果的に処理することで知られています。産業財産権の侵害についての提訴の準備ができたら、私たちは、専門の弁護士と共に、これらの点についてアドバイスします。仮処分の効果も考慮されるべきです。特定の状況においては、短期間で、特許侵害者による侵害行使を禁止する効果を有する仮処分を得ることができます。

裁判所にける特許弁理士の重要性は?

訴訟手続が進行している間、私たちは、特許弁理士として、問題点についての技術的な理解及び分析に関して、書面及び口頭審理において、弁護士をサポートします。私たちの経験から、技術的なバックグランドを有する企業の従業員と弁護士との直接のコミュニケーションは、しばしば、誤解を生じさせます。法的訓練を受けた技術者及び科学者として、私たちは、仲介者として活動し、そのような誤解を回避するためにお手伝いをします。



成功する法的手続 ‐ 次のステップは?

法廷において、産業財産権が成功裏に行使された場合、得られた判決を可能な限り有効に活用しなければなりません。例えば、敗訴側とビジネスの関係があるような場合には、判決の無条件の実施や即時の実施に影響する戦略的考慮があり得ます。私たちは、これらの問題について戦略的なアドバイスをし、皆さまの権利が長期間にわたって尊重されるための適切な手段を策定するためのお手伝いをします。

コンタクトパートナー

Ditmar Neumann
Ditmar
Neumann
Matthias Rößler
Matthias
Rößler
Justus Kreuels
Justus
Kreuels
Tilman Taruttis
Tilman
Taruttis
Christian Heine
Christian
Heine
Hermann Kahlhöfer
Hermann
Kahlhöfer
Sven Jessen
Sven
Jessen
Michael Schirmuly
Michael
Schirmuly
Dietmar Haug
Dietmar
Haug
Christian Bourgeois
Christian
Bourgeois
Yingkun Brunner
Yingkun
Brunner
Christian Störle
Christian
Störle