なぜ、技術開発に関して、特許弁理士のノウハウを利用すべきなのか?

新商品を開発したり、既存の製品を改良している人であれば、誰でも、常に、競合他社の産業財産権の概略を知っています。競合他社の産業財産権は、進行中の製品開発に関連するかも知れないし、提供する製品の品ぞろえが増加する結果として関連するかもしれません。簡単に言うと、製品についての各種の改良の結果が、競合他社の産業財産権に関連するかも知れないということです。これが、技術開発との関連で私たちがお客様と一緒に特許関連の仕事を実施するために、私たちの経験を活用することを提案している理由です。私たちは、早い段階で、競合他社の産業財産権によって発生する潜在的な障害を特定して評価します。私たちは、技術的な迂回による解決をアドバイスし、また、特許紛争を回避するための戦略的なアドバイスを提供します。このアドバイスは、例えば、イギリス、フランス及び米国のような国際的な文脈における産業財産権の行使の機会の観点で、特に有用です。

技術開発のモニタリング

実際に、どのようにハンドリングするのか?

技術開発との関連で、お客様と一緒に働いているとき、私たちは、また、早期の段階で、潜在的な特許出願や実用新案登録出願を特定します。この目的のために、皆さまの製品と競合他社の製品の戦略的な分析が重要なツールであり、私たちは、お客様と一緒に仕上げていきます。私たちは、皆さまの会社のために皆様の潜在的な産業財産権について喜んでご相談させていただき、また、この潜在的な権利を効果的に活用するお手伝いをします。

コンタクトパートナー

Ditmar Neumann
Ditmar
Neumann
Matthias Rößler
Matthias
Rößler
Christian Heine
Christian
Heine
Justus Kreuels
Justus
Kreuels
Sven Jessen
Sven
Jessen
Hermann Kahlhöfer
Hermann
Kahlhöfer
Tilman Taruttis
Tilman
Taruttis
Michael Schirmuly
Michael
Schirmuly
Dietmar Haug
Dietmar
Haug
Christian Bourgeois
Christian
Bourgeois
Yingkun Brunner
Yingkun
Brunner
Christian Störle
Christian
Störle