&larr; &nbsp;<a href="ja/%e5%b0%82%e9%96%80%e5%88%86%e9%87%8e/">専門分野</a>

従業者発明法とは何か?

従業者発明法は、ドイツ独特のもので、注意深く扱う必要があります。適切に実施されれば、従業者のやるきを引き出せますが、適切な考慮がないままに実施されると、逆効果になります。ドイツ従業者発明法の目的は、権利と義務をバランスよく分配することで、雇用者と従業者の利益を合理的に調整することです。この法律は、「発明者主義」を基盤としており、原則として、発明者が発明に関する権利を有するということになっています。しかし、従業者は、雇用関係においてなした発明について、雇用者に報告する義務があり、要求されれば、その発明を雇用者に譲渡する必要があります。雇用者は、そのような発明を要求し、あるいは、束縛せずに開放することができ、「サービス発明」として知られています。

従業者発明

実際にどのように機能するのか?

従業者から雇用者に発明が適切に移転されることを確実にするための組織内部の方法は、注意深く準備して、また、管理されなければなりません。従業者発明の報酬のレベルを決定することは困難です。私たちは、従業者発明法に関する問題について国内外の多くの企業に包括的なガイダンスを提供し、その結果として、多くの有益な経験を得ることができ、複雑な法規定を少数のアクションと質問に減少させるツールを開発しました。加えて、私たちは、常に、国際的な企業のために、従業者発明に関する問題について、意見を提供するように求められています。この問題に関して、私たちが発行した多くの出版物は、この分野における私たちの専門性の最もよい証拠になります。

コンタクトパートナー

Matthias Rößler
Matthias
Rößler
Christian Heine
Christian
Heine
Hermann Kahlhöfer
Hermann
Kahlhöfer
Ditmar Neumann
Ditmar
Neumann
Justus Kreuels
Justus
Kreuels
Tilman Taruttis
Tilman
Taruttis
Sven Jessen
Sven
Jessen
Michael Schirmuly
Michael
Schirmuly
Dietmar Haug
Dietmar
Haug
Christian Bourgeois
Christian
Bourgeois
Yingkun Brunner
Yingkun
Brunner
Christian Störle
Christian
Störle