Wolfgang Maus

Wolfgang Maus

外部のコンサルタント

ヴォルフガング・マウスは、アーヘン工科大学で機械工学を学びました。1977年に卒業した後、高温反応技術の研究及び開発課題を引き受けました。 1986年、ヴォルフガング・マウスは、ローマーで、3人の社員をもつEmitec Gesellschaft für Emissionstechnologie mbH(Emitecエミッション技術有限会社)を設立し、取締役兼CEOになりました。Emitecは今日、約1000人の従業員を雇用し、排ガス後処 理の分野では世界中の市場の大手の一社です。過去数年間に獲得されたノウハウが、約2800の国際的なEmitecの特許として把握され、その際、ヴォルフガン グ・マウス自身が700以上の特許を獲得、もしくはこれらの特許に決定的に関与しました。Emitecのビジネスは、マウス氏によって、ヨーロッパから始 まり、ライセンスと、中でも日本、北米、インド、韓国と中国への納品によって成功し、拡大されました。Emitecは、その分野では世界中で技術革新力をもつ市場リーダーの中に数えられます。2013年初めから、ヴォルフガング・マウスは、Emitecのシニア・アドバイザーです。ヴォルフガング・マウスは、多数の技術 的かつ学問的な専門の寄稿論文を発表し、環境政策の講演に積極的に参加しました。2014年から、彼は、ドイツの中規模企業の要求に合わせる際に、KNH を援助しています。

← チーム